スポンサードリンク


クレヨン則さんの塗り絵の関連サイトの検索窓

2026年11月01日

幼児のぬりえの画像見本について,注意

保育士、母親様のご存じかと思います。大人の塗り絵で始めていますので、言ってませんでした。

幼児、保育園のお子様への下絵用の画像見本の使用しないようお願いいたします。
幼児、保育園のお子様には、下絵のみでぬりえをして頂けると幸いです。

感性、お子様の個性や想像力は、ぬりえでも伸びますが、普通の見本画像見て描くと「その見本に捕らわれます」、感性などを制限することもあります。

ーーー幼児、保育園、幼稚園(お子様の精神成長により)位までは、美的情操を育てる絵本、社会的知識を育てる絵本、こどもの夢を育てる絵本、こどもの愛情を育てる絵本など、良質の子どもの絵本の見て読み聞かせをお勧めいたします。−−−

小学生以上で画像見本の使用を望みます、幼稚園児においては、お両親等の判断となります。

私の大人の塗り絵としては、中年、シニア、高齢者でも、子供の楽しさを再びなのです、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見本画像を見て、描くことは、有るものを忠実に、より素晴らしく仕上げる日本人の得意分野です。少年少女、成人、高齢者には、とても脳の活性化に良いです。

何もなく、自由に発想、作り出すことは幼児の心で培われる部分が大きいです、ここが疎かな加工名人日本人の特徴です、幼児のとんでもない絵は素晴らしいです、大人の飛んでもない行動は怖いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
幼児の間は、名曲を聴き名作の絵本を観て聴かせて、ぬりえは、白い紙に自由に描かして欲しいものです。


2016-12-12
posted by クレヨン則さん at 12:32| その他